健康のために…

自分は健康のために毎朝、白湯を飲んでいます。
白湯は要はお湯のことなのですが、この一杯のお湯を毎日飲むだけで体調が良くなった気がしています。
毎朝、コップ一杯の水をレンジでチンするだけなのでとても簡単ですし続けやすいですよ!やはり簡単じゃないとなかなか続けにくいものですよね。
白湯を飲むことで内蔵が温まり、体の代謝も良くなります。循環機能が活発になるので、太りにくい体にもなりますしダイエット中の方にもおすすめします(^ ^)
他にも、簡単で続けやすい健康法なのですが、寝る前にふくらはぎをマッサージしています。ふくらはぎは第二の心臓といわれるくらい血液を循環させる役割があるので、ふくらはぎを揉む事でさらに代謝が良くなり健康的な体になりますよ(^ ^)
おすすめです。

毎朝水素水を飲んでいる

私は2年前から毎朝水素水を飲んでいます。
その理由としては、2年前仕事がとても忙しく体の不調が相次ぎ体重が5kgも増えました。またお肌がとても荒れていたという点から何か体に良いものを飲み始めようと思い、友人から勧められた水素水を飲み始めました。水素水を毎朝飲み始めました。飲み始めてから、体に変化が徐々に現れだしました。まず朝起きるのが、とても楽になりました。仕事の疲れなどが次の日まで、続くことがなくなりました。加えて、夜眠りにつくのが早くなりました。飲み始めて、4週間後経ったことに気がついたのですが体重が3kg減っていたのです。水素水を飲むことで、体の調子を整えてくれて、それが結果としてダイエットに繋がりました。そして、お肌の調子が良くなり、肌にツヤが出ました。そのような経験がありますので、私は毎朝今でも水素水を飲んでいます。

毎日の中で出来ることを

専業主婦で出不精な私は、油断すると外に出ることなく1日が終わってしまうことがあります。
それに加えて、ミシンや編み物で小物を作ることが好きなので、座りっぱなしで1日の大半が過ぎてしまうことも多々ありました。今は、末っ子の息子が1歳になり、何かと目の離せない時期なので、座りっぱなしで1日の大半が…ということは無くなりましたが、とにかく出不精な私、外に出ない日は結構あるかもしれません。そんな私でも、健康は気になっています。アラフォーと呼ばれる世代に入り、産後の体重もなかなか落ちないお年頃。家事は好きな方なので、掃除の際には、意識して体も大きく動かすようにしています。後は、食事です。肉料理が続かないようにしたり、野菜をなるべくたくさん取り入れるようにしたり、忙しい朝でも、朝食は摂るようにしています。

腸内環境改善

私が日常的に気をつけているのは、腸内環境改善です。
元々便秘がちなので、便秘による不快症状(吐き気や腹部膨満感など)を改善したいという目的もあるのですが、腸内環境が良いと、免疫防衛機能が適正に働き、風邪などにもかかりにくいという話を聞いたことがあるため、全身の健康維持のために腸内環境改善に取り組んでいます。
と言っても、何か特別な事をしている訳ではなく、毎日一回は必ずヨーグルトか乳酸菌飲料をとるように心がけたり、食事でなるべく発酵食品をとるようにしている程度です。この程度であれば、面倒な事が苦手な私でも毎日負担なく続けられます!
また、普段から排便頻度を気にするようにして、少しでも便秘がちな時には早めに対処する(食物繊維を多くとる、トイレに座る時間を意識して確保するなど)ように心がけています。

なるべく歩くことと炭水化物を減らした食事

車に乗ることが多くなってきてからというもの、極端に体力が衰えているのを感じるし、同じ食生活を送っているというのに体重の方は増加傾向になっています。
これは何とかしなければいけないと思うようになってから、今までどんなに近くでも車を利用していた生活をやめて、歩ける距離のところはなるべく歩くように心掛けています。でも、それだけでは年々太り続けている体重は減ることはありません。おいしいものを食べてちょっと油断をすると、確実に体重は増加しています。家で揚げ物を作ることをやめ、主食のご飯や麺類もいつもの半分の量しか食べないように気を付けています。それでも劇的に痩せることはないけれど、確実に体重が増えていった時よりもほんの少しでも体重が減って行っているので効果はあると感じています。

風邪をひかないように気をつけています。

「風邪は万病のもと」と言いますがまさにその通りで、風邪から肺炎になったり中耳炎になったりするので注意が必要です。

私も以前はしょっちゅう風邪をひいて、会社を休んでいました。風邪を引くと体調が悪くなるのはもちろんですが、時給で働いている場合は給料が減ります。
それに自分の仕事は誰もやってくれません。良い事なんて何一つありません。
もう二度と風邪は引きたくないと思い、やっている事があります。

外出先から帰ってきたら、まず手洗いとうがいです。それと少しでも寒いと感じたら、我慢しないで一枚羽織ります。
一番効果があったのはマスクです。12月に入ると必ずマスクを付けます。マスクをすると風邪菌の進入を防ぐだけでなく、自分の呼吸で喉もしっとりと潤います。

これらの方法で、10年くらい風邪をひいていません。

なんとなく自分に足りない栄養

私はうまれつき身体が弱く、免疫力も弱いため自己管理を怠ると今でもすぐに風邪をひいてしまいます。

ですから風邪のひきはじめの症状が誰よりも早くわかると自負しているくらい風邪をひいてきました。

具体的な一例を言えば、私はバスケを今でもやっているのですが、身体の動きが数段増し、シュートの感覚も冴え渡ると次の日から風邪を引くということが何遍もありました。

ですのでシュート感覚が冴え動きが良くなったと感じたらすぐさま風邪薬を飲み症状を最小限に抑えるといった処置をしています。

そんな私が風邪をひかなくなった理由が、ビタミンCを摂取するということでした。

勝手な想像なのですが、人よりも私はビタミンCの摂取効率が悪いんだと思います。ある日風邪にはビタミンCが良いらしいと聞いていたのでとにかくビタミンCが多く含まれる食べ物をたべていたら風邪をひかなくなっていたのに気付きました。

いまでも進んでビタミンCを摂るようにこころがけているので自然と便通もよくなりダイエットできていますし、お肌もこころなしか綺麗になっている気がしています。

風邪に悩んでいる人がいましたら、ビタミンCを摂ることをおすすめします。

野菜摂取とダイエット

ダイエット中のため食事ではなるべく野菜を多めに食べるようにしていますが、その食べ方にも工夫をするようにしています。
たとえば、サラダはノンオイルドレッシングで食べるようにして余分な脂分を摂らないようにしています。またご飯やおかずを食べる前にサラダを食べておかずなどの脂分も吸収しにくいようにしています。
また、野菜は種類によって熱を通した方が栄養分の吸収がいいものと生で食べたものがいいものとありますのでその種類を覚えておいて調理方法も工夫します。たとえばトマトやニンジンは熱を加えた方が吸収しやすいためトマトソースにしたり人参ソテーにしたりして食べます。反対に、玉ねぎは熱により栄養素が壊れるためサラダにして食します。
ダイエット中は栄養素が不足しがちなので野菜の摂り方も工夫を重ねて、健康的に痩せるようにしています。

一番食べたいものが必須の栄養成分である

食生活の乱れによりたぬきようなお腹や肌荒れが目立つようになってきたため、一度考えなおしてみた時期がありました。

外食にすると決まって焼き肉に偏ってしまう私は、気づいたら後戻りができない身体になりそうでこわいです。

そして一度試してみたのがお腹を極限まで空かせた時に何が食べたいか物凄く考えてみるということでした。

どこかの本で今一番食べたいものが自分の中で一番必要としている栄養だと書かれていたのでそれを実践することで身体改善できないものかと考えました。

実践して気づいたのですが、やはりおなかがすくとその日の体調や環境によって食べたいものが変わってくるというものでした。

わかったことが、疲労が溜まった状態だと野菜をほっしてくるし、ほどよく疲労がたまった状態ですと肉が食べたくなるということでした。

個人差があるので私の個人的な見解なのですが、その実践を続けいていくとなんだか自分の身体を実験しているような気分で探究心が芽生え、次々と色々な食べ物をたべ、気づいたらバランスよく食事を摂っていることに気づきました。

人間の体は自然と身体に必要なものがわかっているんだなと生命の神秘に触れた気分になっています。

ためしてみると意外とハマってしまうのでみなさんも一度試してみてはいかがでしょう。

毎日のウォーキングが元気の源です。

私は毎日誰にも会わず自宅に引きこもって仕事をしています。
動くのはトイレに行く時と食事を作る時だけで、たまに宅配便が届くと玄関まで歩きます。
毎日このような生活をしていると足腰が弱りますし、気分も晴れ晴れしません。これでは健康的とはいえません。

そこでウォーキングを始める事にしました。私は形から入るので好きなブランドのウォーキングスニーカーと、スウエット上下を購入しました。
やるなら一日のスタートである朝がいいと思い、4時半に起床して5時からウォーキングを始めました。

最初は30分歩いただけで足がつりそうになりましたが、毎日歩いているうちに45分、1時間と歩けるようになりました。ウォーキングのおかげで下半身が引き締まりましたし、足腰も丈夫になってきました。これからも続けるつもりです。